蘇った南牧村の温泉、星尾温泉・木の葉石の湯

住所群馬県甘楽郡南牧村星尾1162
TEL-
営業時間11:00~18:00
定休日月曜日
料金1000円
公式サイト星尾温泉 木の葉石の湯 - 西上州・群馬県南牧村の小さな秘湯
訪問日:2018/9/16

南牧村にはかつて三つの温泉が存在した。
一つが「勧能温泉」、そして「熊倉温泉」、そして今回紹介する「星尾温泉」である。 これら全ては冷鉱泉であり加温を必要とするが、かつては宿泊施設も有し大層賑わったと聞く。

まず、三つの温泉の歴史を簡単に紹介する。

「勧能温泉」
南牧村では最も近年まで営業していた温泉であり、近隣の方にお話を聞くと最盛期には宿の部屋が足りなくなるほど賑わい、近隣の民家の一角を宿泊者に貸し出していたと言う。宿は20年程前に廃業したが今でも勧能集落に「玉生舘」と書かれた旅館の廃墟が存在する。

「熊倉温泉」
南牧村最奥地の熊倉温泉は象ヶ滝の滝壺近くの岩盤から湧出し、明治8年頃には旅籠屋で使用され旅人の疲れを癒したと記述がある。鉄道が発達し余地峠の往来が無くなると共に寂れていった。筆者は確認していないが温泉口の下流150mに旅籠屋跡の石積みが残されているという。

「星尾温泉」
炭酸カルシウムを多く含む源泉の沢には、木の葉石と(枯葉石とも)呼ばれる炭酸カルシウムが石に付着した木の葉を凝固する珍しい様子が見られる。地元の人は源泉を塩水とも呼び、パンや饅頭の発酵作用を有するほか眼病にも効くと伝わる。 宿泊施設は戦後間もなくして廃業となるが、その後家庭や吉祥寺などで限定的に使用され、数年前まで星尾の集落内に鉱泉を貯めておくタンクがあったがいつの間にか無くなっていた。

上記の通り、かつて賑わった南牧村内の温泉も今では全てが廃業している。
しかし近年、この廃業した温泉を復活させようと熱意ある有志たちが立ち上がった。






復活した温泉は星尾集落にある「星尾温泉 木の葉石の湯」。
昭和25年に廃業してから68年の時を経て、2018年9月8日、遂に復活を果たした。 温泉の廃業はよく聞くが温泉の復活とはあまり聞かない事例であり、その情熱を持った有志たちには尊敬の念を抱くばかりだ。






温泉施設は既存の古民家を改修して作られた。 リフォームや浴室工事など、その殆どがプロジェクトメンバーのよる手造りによるものである。 (ちなみに私はただの南牧村マニアであり、プロジェクトメンバーとは一切無関係です)






しかしながらこんな山奥に温泉とは、大丈夫だろうか・・。 実際来ると分かるが南牧村でもだいぶ奥の方なので交通の便は最悪の部類。 私は南牧村の中でも星尾の景観が一番好きなので頻繁に来ているが、正直余程のマニアじゃないと訪れる場所では無い。 秘湯マニアには願っても無い場所だろうが。






さて、オープンしたと聞いて居ても立ってもいられなくなり、私も入ってみようと早速訪れた。 車を駐車場に停め、玄関に入るとスタッフの方がにこやかに迎えてくれた。 少しお話をしたのち、いざ温泉へ。






木の香りが漂う真新しい浴室。 これを全て手作りとはすごい手間だろう。 細かい所を見れば粗はあるがおおむね綺麗に作られていた。






温泉は冷鉱泉を加温し掛け流しで使用。 薪ボイラーは常に薪の投入をしなきゃならないので大変そうだ。 泉質はナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉。塩気のある茶褐色の湯が情緒を誘う。






穏やかな日差しと共に窓からは緑が差し込んでくる。 静かな山奥でのんびり湯に浸かるひと時、そして文献上でしか知らなかった星尾の湯に現代になって入浴できる喜びは筆舌に尽くしがたい。 尚、環境保護の為に石鹸・シャンプーの使用は禁止となっているのでご注意を。






風呂から出てロビーで休憩。 美味しい水を飲みながら、スタッフの方が出してくれた南牧村の紹介ビデオを眺めていた。






食事も提供しているとの事で次回は食べてみようと思う。
星尾温泉は住民たちの憩いの場所の他、村民と村外民との交流の場所としても活用していくビジョンがあるようで、今後も南牧村の文化の一つとしていつまでのここ在り続けて欲しいと思う。




群馬B級スポット トップページ



地図
一覧

みなかみ町

プラムの国
道の駅 水紀行館
釈迦の霊泉
若旅民具茶屋
土合駅 日本一のモグラ駅
高橋の若どり
沼田城下の塩原太助巡り

片品村

とうもろこし街道
白根魚苑

川場村

譽國光酒蔵観光と大吟醸ソフト

嬬恋村

愛妻の丘

長野原町

浅間とり牧場

草津町

香草温泉
草津熱帯圏

中之条町

薬王園
上州亭ヒタチヤ
四万温泉 スマートボール柳屋遊技場
市城砦南部郭の出丸跡
大人気!ネコの家
秋鹿大影林道・万沢林道
ほづみとんかつ店のカツカレーラーメン
六合の秘湯、京塚温泉
辺境の穴場うどん 美野原茶屋

東吾妻町

観音山(滝峨山)の金堀穴
あづま養魚場のギンヒカリづくし

沼田市

迦葉山龍華院弥勒寺
薗原ダムキャンプ場跡
群馬随一のロングダート、栗原川林道
尾瀬市場 利根本店

高山村

たかやま高原牧場

渋川市

棚下不動の滝 雌滝雄滝
上りに見える下り坂
たけ屋うどん店
赤城町の牛すじ家
レーシングカフェ 「D'z GARAGE」
渋川駅前 純喫茶ルナ
伊香保の台湾系巨大寺院、佛光山法水寺

吉岡町

ペペオレンジ吉岡店
珍宝館
珍宝館2
命と性ミュージアム
鹿火屋
水沢歴史美術館

榛東村

ガラメキ温泉
卯三郎こけし

前橋市

キートンの巨大パフェ
近戸神社 群馬県最古の狛犬
いろは美術館
パンプキンの巨大パフェ(?)
創作めん工房 藤家
赤城山南麓 夜景パノラマ展望台
ホワイト餃子 前橋店
わくわく自販機ミュージアム
赤城山第一スキー場
梅田のバナナ
赤城山頂天空ノ駅舎カフェ

高崎市

洞窟観音
鼻高展望花の丘
群馬の松
世にも不思議な木
上毛野はにわの里公園
一郷山城
まちのくまさんのラーメンケーキ
少林山達磨寺
観音山丘陵の百庚申巡り
渓流魚料理専門店 魚籠屋(びくや)
ジョジョファン必訪!麺屋 承太郎
高崎電気館で映画鑑賞
肉の寺田(寺田精肉店)
日本茶中国茶の喫茶店 茶楽人
観音山公園ケルナー広場
蔵の中の喫茶店、日本茶喫茶「棗」
激渋食堂 レストラン三好
倉渕水沼公園のトレランコース
ふくろうカフェ楽園

安中市

碓井川熱帯植物園
無法地帯
板鼻館 タルタルカツ丼
小根山森林公園
海雲寺 招き猫の寺
モツ煮の名店 越後屋食堂
おぎのや資料館
ピーパック安中 飯島屋
玉屋ドライブイン
秘境駅 安中榛名駅
米山公園サーキット場
自動車に乗る観音様!?龍昌寺と世界乗り物館
郷原の炭酸泉
全性寺のゴルフ観音
松井田商店街のサンタクロース群

富岡市

南蛇井のおきなわ屋
大桁湖
妙義神社の竹林七賢人
旧茂木家住宅
酪農家手作りアイス工房じぇら21

甘楽町

こんにゃく博物館
多目的ガレージ カーロマン
長厳寺の巨大磨崖仏
多目的ガレージ カーロマン2
子どものおもちゃ資料館

下仁田町

中之嶽神社 日本一大きい大黒様
神津牧場
茂木ドライブイン
きのこ館
くるまやの「しもにた丼」
下仁田の炭酸カルシウム乾燥小屋
下仁田ねぎぼうず園
下仁田の百庚申巡り
下仁田の個性的橋梁群

南牧村

威怒牟畿不動 崖っぷちの不動様
南牧村の炭ラーメン
南牧村のお炭つきまんじゅう
南牧村の炭入りピザ
南牧村の石垣文化
黒滝山不動寺
南牧村熊倉の人面石
高原運動広場
焼きまんじゅう南牧
秘境の本格ハーブティー はなもも
なんもく村のちょっとしたcafe
秘境!南牧村の山賊ラ-メン
蘇った南牧村の温泉、星尾温泉・木の葉石の湯

上野村

旧黒澤家住宅
峠のうどん屋 藤屋
JA上野村 焼肉センター

神流町

御荷鉾のエクスカリバー
恐竜王国中里

藤岡市

名無村

玉村町

県央水質浄化センター緑地広場のマンホールコレクション

伊勢崎市

小泉稲荷神社
伊勢崎もんじゃ サッちゃんち
群馬一標高が低い山 権現山
新伊勢崎名物 いかパン
自販機食堂

太田市

祥寿山曹源寺(さざえ堂)
藪塚石切り場
ジャパンスネークセンター
三日月村
縁切寺満徳寺
岩崎屋の黒焼きそば
金山城
ガチの駄菓子屋 おかしやさん
もみの木の焼そば丼
新太田名物!かわとみの「なすの蒲焼重」

桐生市

ふる川のひもかわ
河童神社
成田山赤城寺
桐生名物コロリンシュウマイ
麺者侍のニンニクラーメン
水沼駅温泉センター
道の駅くろほね・やまびこの「朝たまごはん」
武正米店の子供洋食

みどり市

けさかけ橋
花輪の美味しいうどんの自販機
特許変わりうどん かみ村六庵
にほんいち醤油 岡直三郎商店
藤瀧不動尊のヒトガタ
貧乏神追放神社
ながめ余興場
自音寺八十八霊場でミニお遍路
円空茶屋の巨大円空彫薬師如来像
ところ天の助を祀る!深沢の角地蔵
みどり市の太郎神社
ねじり木奉納 はね瀧道了尊

大泉町

ブラジルタウン大泉町
浅見薬店
活きな世界のグルメ横丁
ブラジルタウン大泉町2
肉地獄!プリマヴェーラのシュラスコ食べ放題

邑楽町

シンボルタワー未来MiRAi

千代田町

赤岩の渡し

館林市

分福茶釜の茂林寺
日清製粉 製粉ミュージアム
大盛りうどんとおもちゃの一升や
子神社 足腰の神社

板倉町

板倉町中央公民館の昆虫千手観音像
板倉町の雷電神社
いなかっぺのマヨネーズラーメン

コラム

毛無峠キャンプ 小串の夜明け
万座温泉豊国館 湯治の旅
石畳の小さな温泉街 湯宿温泉