観音山丘陵の百庚申巡り

住所群馬県高崎市
TEL-
営業時間-
定休日-
料金-
公式サイト-
訪問日:2015/12/13

近頃、石仏に興味を持ち始めた。
例えば、街道の追分に一体の道祖神があったとする。
そこから見えてくるのは、現代では判別が付かなくなった集落の境界や、その土地の信仰、歴史など、それだけで様々な事が推測できる。 江戸時代から石仏が爆発的に増えるが、その多くは庶民たちが費用を出し合って石工に依頼した物であり、そういった動きは政治色の無い民間中心の信仰だったと言える。 石造物は何百年経っても朽ちずに残り続け、人々から忘れられた路傍の石仏がものすごく貴重だったりするのも珍しくない。

そんな面白さがある石仏だが、特に庚申塔が私の中でブームとなっている。
庚申信仰は中国の道教の三尸説が元となるが、日本に伝来してから仏教や神道の影響を受けたり、民間信仰にありがちの「何でも崇めて御利益を願う」的な発想で、本来の道教の信仰とは少々違いが見られるが、 その日本人の得意とする魔改造文化全開のごった煮の信仰が、いかにも日本らしくてなんだかとても惹かれるのだ。

庚申塔は日本全国に分布しているが特に関東圏に多く、とりわけ群馬県では庚申塔を百体集めた「百庚申」なるものも多く見られる。 百庚申とは、一か所に庚申塔を百体集めた庚申塔群であり、「多ければ多いほど御利益があるだろう」と言う大ざっぱな感性の代物である。 インターネットで「百庚申」と検索すると何故か群馬県のそればかりがヒットし、群馬県特有の信仰の偏向があるのか、または単に百庚申を取り上げる奇特な人が群馬県民に多いのかは定かではないが、ともかく、群馬県には百庚申が多いのだ。

前置きが長くなったが、今回は「百庚申巡り」と題して、高崎観音山丘陵周辺の庚申塔を見て周ることにした。





乗附の百庚申





まずは「乗附の百庚申」に訪れた。
ここへのアクセスは日本すきま漫遊記乗附の百庚申を参考にさせて頂いた。






百庚申の名の通り、約百体の庚申塔が集められている。
ほとんどは江戸時代に造られたもので、碑文は長い年月で削られ見にくい。
庚申塔以外の石仏も混ざっている。






文字が彫られただけの石仏だがメインになるが、仏の姿を模ったものも見られた。






固い自然石に彫られたものは今もはっきり読める。
天明八年(1788年)とある。










館の百庚申





続いて、館(たて)の百庚申。
現地の案内板によると、寛政十年(1798年)から寛政十二年(1800年)に建立されたもので、庚申の文字を書いた書家の資料としても貴重である。

参考サイト
館の百庚申 | 高崎市






先ほどの乗附の百庚申とは違い、「一か所に庚申塔を集める」だけではなく、庚申塔は参拝路に沿って配置され、それを一周する事で全部の庚申塔を拝めるようになっている。
「日本すきま漫遊記」の管理人様の言葉を借りると、庚申塔の「巡礼空間」が形成されている。






多くは土砂に半分埋もれ、道路の開通などで今では約60体を残すのみ。
しかしながら力強い立派な文字が刻まれ、一つ一つの庚申塔も大きい。

















上奥平の百庚申





最後は観音山丘陵で一番の見所、上奥平の百庚申。
県道203号を沿うようにして庚申塔の参拝路が敷かれ、約200mの区間に120体程度の庚申塔が置かれている。

以下参考サイト。
上奥平の百庚申 | 日本すきま漫遊記
上奥平百庚申塔 | 高崎市






寛政十二年(1800年)に当時の有力者、茂原三郎左衛門が建立を指示したと言われる。






それぞれの庚申塔は個性に富んだ造形をしており、文字の書体も楷書、行書、草書、隷書、篆書、異体文字など様々で見ていて飽きない。








長い間大切にされていたのが分かるような状態の良さ。
この非日常的な空間を体験したら、その信仰の篤さも納得してしまう。






最高地点には親庚申が配置され、これがまたデカいことなんの。
上奥平の土地自体が結構な山なので、これだけ大きいと運びいれるのも相当難儀しただろう。
台座を抜いてもゆうに2mは超える高さ、思わず感嘆の息を漏らしてしまう。






親庚申の周りに並の庚申塔をふんだんにあしらった贅沢な庚申塔群。
上奥平の百庚申は最後まで見所たっぷり。






これらは私の乏しい知識でも大いに楽しめた。
しかし知識を深めれば深めるだけ楽しみは増すだろう。

次回は下仁田の百庚申を巡ります。



H28.3追記 : 下仁田の百庚申巡り 更新しました(庚申だけにね!)




群馬B級スポット トップページ



上奥平の百庚申
一覧

みなかみ町

プラムの国
道の駅 水紀行館
釈迦の霊泉
若旅民具茶屋
土合駅 日本一のモグラ駅
高橋の若どり
沼田城下の塩原太助巡り

片品村

とうもろこし街道
白根魚苑

川場村

譽國光酒蔵観光と大吟醸ソフト

嬬恋村

愛妻の丘

長野原町

浅間とり牧場

草津町

香草温泉
草津熱帯圏

中之条町

薬王園
上州亭ヒタチヤ
四万温泉 スマートボール柳屋遊技場
市城砦南部郭の出丸跡
大人気!ネコの家
秋鹿大影林道・万沢林道
ほづみとんかつ店のカツカレーラーメン
六合の秘湯、京塚温泉

東吾妻町

観音山(滝峨山)の金堀穴

沼田市

迦葉山龍華院弥勒寺
薗原ダムキャンプ場跡
群馬随一のロングダート、栗原川林道
尾瀬市場 利根本店

高山村

たかやま高原牧場

渋川市

棚下不動の滝 雌滝雄滝
上りに見える下り坂
たけ屋うどん店
赤城町の牛すじ家
レーシングカフェ 「D'z GARAGE」
渋川駅前 純喫茶ルナ

吉岡町

ペペオレンジ吉岡店
珍宝館
珍宝館2
命と性ミュージアム
鹿火屋

榛東村

ガラメキ温泉

前橋市

キートンの巨大パフェ
近戸神社 群馬県最古の狛犬
いろは美術館
パンプキンの巨大パフェ(?)
創作めん工房 藤家
赤城山南麓 夜景パノラマ展望台
ホワイト餃子 前橋店
わくわく自販機ミュージアム
赤城山第一スキー場
梅田のバナナ
赤城山頂天空ノ駅舎カフェ

高崎市

洞窟観音
鼻高展望花の丘
群馬の松
世にも不思議な木
上毛野はにわの里公園
一郷山城
まちのくまさんのラーメンケーキ
少林山達磨寺
観音山丘陵の百庚申巡り
渓流魚料理専門店 魚籠屋(びくや)
ジョジョファン必訪!麺屋 承太郎
高崎電気館で映画鑑賞
肉の寺田(寺田精肉店)
日本茶中国茶の喫茶店 茶楽人
観音山公園ケルナー広場
蔵の中の喫茶店、日本茶喫茶「棗」
激渋食堂 レストラン三好

安中市

碓井川熱帯植物園
無法地帯
板鼻館 タルタルカツ丼
小根山森林公園
海雲寺 招き猫の寺
モツ煮の名店 越後屋食堂
おぎのや資料館
ピーパック安中 飯島屋
玉屋ドライブイン
秘境駅 安中榛名駅
米山公園サーキット場
自動車に乗る観音様!?龍昌寺と世界乗り物館

富岡市

南蛇井のおきなわ屋
大桁湖
妙義神社の竹林七賢人
旧茂木家住宅

甘楽町

こんにゃく博物館
多目的ガレージ カーロマン
長厳寺の巨大磨崖仏
多目的ガレージ カーロマン2

下仁田町

中之嶽神社 日本一大きい大黒様
神津牧場
茂木ドライブイン
きのこ館
くるまやの「しもにた丼」
下仁田の炭酸カルシウム乾燥小屋
下仁田ねぎぼうず園
下仁田の百庚申巡り

南牧村

威怒牟畿不動 崖っぷちの不動様
南牧村の炭ラーメン
南牧村のお炭つきまんじゅう
南牧村の炭入りピザ
南牧村の石垣文化
黒滝山不動寺
南牧村熊倉の人面石
高原運動広場
焼きまんじゅう南牧
秘境の本格ハーブティー はなもも

上野村

旧黒澤家住宅
峠のうどん屋 藤屋

神流町

御荷鉾のエクスカリバー
恐竜王国中里

藤岡市

名無村

伊勢崎市

小泉稲荷神社
伊勢崎もんじゃ サッちゃんち
群馬一標高が低い山 権現山
新伊勢崎名物 いかパン
自販機食堂

太田市

祥寿山曹源寺(さざえ堂)
藪塚石切り場
ジャパンスネークセンター
三日月村
縁切寺満徳寺
岩崎屋の黒焼きそば
金山城
ガチの駄菓子屋 おかしやさん
もみの木の焼そば丼
新太田名物!かわとみの「なすの蒲焼重」

桐生市

ふる川のひもかわ
河童神社
成田山赤城寺
桐生名物コロリンシュウマイ
麺者侍のニンニクラーメン

みどり市

けさかけ橋
花輪の美味しいうどんの自販機
特許変わりうどん かみ村六庵
にほんいち醤油 岡直三郎商店
藤瀧不動尊のヒトガタ
貧乏神追放神社
ながめ余興場
自音寺八十八霊場でミニお遍路
円空茶屋の巨大円空彫薬師如来像

大泉町

ブラジルタウン大泉町
浅見薬店
活きな世界のグルメ横丁
ブラジルタウン大泉町2
肉地獄!プリマヴェーラのシュラスコ食べ放題

邑楽町

シンボルタワー未来MiRAi

千代田町

赤岩の渡し

館林市

分福茶釜の茂林寺
日清製粉 製粉ミュージアム
大盛りうどんとおもちゃの一升や
子神社 足腰の神社

板倉町

板倉町中央公民館の昆虫千手観音像
板倉町の雷電神社
いなかっぺのマヨネーズラーメン

コラム

毛無峠キャンプ 小串の夜明け
万座温泉豊国館 湯治の旅
石畳の小さな温泉街 湯宿温泉