薗原ダムキャンプ場跡

住所群馬県沼田市利根町大穴
TEL-
営業時間-
定休日-
料金-
公式サイト-
訪問日:2014/10/11



この日は先輩と薗原湖へ出かけた。
魚釣ったり、カヌーでぶらぶらしたり、川遊びしたりと、そんな予定。

夜明けと共に出航し、我々は気ままに湖上を漂っていた。



先輩が呟く。
「そういえば、対岸にキャンプ場があるらしいね」

「え、薗原にキャンプ場なんてありましたっけ?」

「古い案内板には書かれてるんだよ」

看板に示された場所は車ではアクセス不能。
ネットで検索しても情報は見つからず、私もキャンプ場の存在を聞いたことが無い。
まあ時間はたっぷりある、カヌーを使って湖から謎のキャンプ場を探してみる事にした。






薗原湖の岸辺は険しく、キャンプ場がありそうな場所は少ない。
しばらくゆらゆらと彷徨っていると、怪しい平地を発見した。
果たしてここが謎のキャンプ場なのか・・。






カヌーを固定し上陸。
低木を掻き分け森へと立ち入ると・・。






うわあああああああ!
キャンプ場見つけたああああああ!

いやこれ怖ぇよ(T T)










薄暗い森の中には十数件のバンガロー(?)が設置されていた。
広範囲にポツポツと建てられ、それぞれ色や大きに微妙な違いが見られる。
大きさはなんとか2人が寝転がれる程度。

なんだか気味が悪い。






潰れた小屋も多数見られる。
このキャンプ場はいつの物なのか、どのように使用されていたのか、情報に乏しく真相を知る事は出来ないが「キャンプ場は存在する」というのは事実であった。






小屋を観察してみる。
一軒一軒名前が付けられていたのか、名札のような物が掛かっていた。
小屋に触れると手の平に痛みが走った。
良く見ると釘が何本も露出しており、気づかず手に刺さってしまった。






当時はファンシーな色合いだったのだろうが、現在では錆が浮き、禍々しい印象を受ける。






小屋内部の撮影。
それほど状態は悪くない。
動物の糞がチラホラ見られた。






何か発見があるかもと、残留物の調査を行う。






コカコーラの空き瓶。






トイレ。






うおっ!!
ちょっと勘弁してよぉ。

不意打ち食らって悲鳴を上げてしまった。






これは・・・鳥居?
柵や看板など他の用途を考えたが、どう見ても鳥居にしか思えない。
言われてみればではあるが、鳥居のある辺りは少し地面が高くなっており、当時祠があったような雰囲気を感じる。






転がっていた木の板を何気なくひっくり返すと、なんと当時の看板を発見した。
当時の様子を表す貴重な情報。


以下、看板引用。

キャンプ場許可票
許可番号:利?管第6号
河川名:利根川水系片品川左岸
場所:利根郡利根村大字穴原字上棚1000
目的:キャンプ場(天幕及バンガロー)
期間:昭和50年4月1日 53.3月31日
占有者:薗原ダム観光株式会社

※文字が潰れているので間違ってる可能性有り


期間が昭和50年から53年となっている。
許可期限を更新してないとすれば、平成の時代に入る前に閉業した事になる。
薗原ダムの竣工が昭和40年なので、ダム建設後にキャンプ場が作られた筈だが、ダムの満水時にはキャンプ地のすぐ近くまで水が迫る事となり少々危険に感じる。






寛ぎながら先輩は言う。
「ここは人来ないしキャンプの穴場だねぇ」

いやいや無理でしょどう考えても。
こんな場所じゃ絶対に寝られないすわ。



実は薗原ダムはとても有名な心霊スポット。
「薗原ダム」で検索すると心霊の話ばかり出てくる。

私も夜中に赤い橋を渡ったりダム周辺を歩いた事があるが、霊感は零感の私としては何も心霊的な怖さは何も感じなかった。
ただこのキャンプ場跡は物凄く嫌な感じがする。
夜中はもちろん来たくないが、昼間でも二度と来たくない。
心霊マニアの人も多分ここはヤバいと思う(というか足場が悪いので夜は危険)。

今回は湖からアクセスしたが、実は徒歩でもキャンプ場まで来られるようだ。
赤い橋を渡って少し行くと左手側に細い山道があり、そこを進めばキャンプ場に辿りつける。
まあでも行かない方がいいです。






気味の悪いキャンプ場を脱出し、綺麗な薗原の湖を見て心を癒す。
鏡面となった湖を見ながらゆっくりとオールを漕ぐ。
はあ、生き返った気分。








鏡面の岩肌。
カヌーから見る薗原湖は、いつもとは違った幻想的な一面を見せてくれた。





群馬B級スポット トップページ



一覧

みなかみ町

プラムの国
道の駅 水紀行館
釈迦の霊泉
若旅民具茶屋
土合駅 日本一のモグラ駅
高橋の若どり
沼田城下の塩原太助巡り

片品村

とうもろこし街道
白根魚苑

川場村

譽國光酒蔵観光と大吟醸ソフト

嬬恋村

愛妻の丘

長野原町

浅間とり牧場

草津町

香草温泉
草津熱帯圏

中之条町

薬王園
上州亭ヒタチヤ
四万温泉 スマートボール柳屋遊技場
市城砦南部郭の出丸跡
大人気!ネコの家
秋鹿大影林道・万沢林道
ほづみとんかつ店のカツカレーラーメン
六合の秘湯、京塚温泉

東吾妻町

観音山(滝峨山)の金堀穴

沼田市

迦葉山龍華院弥勒寺
薗原ダムキャンプ場跡
群馬随一のロングダート、栗原川林道
尾瀬市場 利根本店

高山村

たかやま高原牧場

渋川市

棚下不動の滝 雌滝雄滝
上りに見える下り坂
たけ屋うどん店
赤城町の牛すじ家
レーシングカフェ 「D'z GARAGE」
渋川駅前 純喫茶ルナ

吉岡町

ペペオレンジ吉岡店
珍宝館
珍宝館2
命と性ミュージアム
鹿火屋

榛東村

ガラメキ温泉

前橋市

キートンの巨大パフェ
近戸神社 群馬県最古の狛犬
いろは美術館
パンプキンの巨大パフェ(?)
創作めん工房 藤家
赤城山南麓 夜景パノラマ展望台
ホワイト餃子 前橋店
わくわく自販機ミュージアム
赤城山第一スキー場
梅田のバナナ
赤城山頂天空ノ駅舎カフェ

高崎市

洞窟観音
鼻高展望花の丘
群馬の松
世にも不思議な木
上毛野はにわの里公園
一郷山城
まちのくまさんのラーメンケーキ
少林山達磨寺
観音山丘陵の百庚申巡り
渓流魚料理専門店 魚籠屋(びくや)
ジョジョファン必訪!麺屋 承太郎
高崎電気館で映画鑑賞
肉の寺田(寺田精肉店)
日本茶中国茶の喫茶店 茶楽人
観音山公園ケルナー広場
蔵の中の喫茶店、日本茶喫茶「棗」
激渋食堂 レストラン三好

安中市

碓井川熱帯植物園
無法地帯
板鼻館 タルタルカツ丼
小根山森林公園
海雲寺 招き猫の寺
モツ煮の名店 越後屋食堂
おぎのや資料館
ピーパック安中 飯島屋
玉屋ドライブイン
秘境駅 安中榛名駅
米山公園サーキット場
自動車に乗る観音様!?龍昌寺と世界乗り物館

富岡市

南蛇井のおきなわ屋
大桁湖
妙義神社の竹林七賢人
旧茂木家住宅

甘楽町

こんにゃく博物館
多目的ガレージ カーロマン
長厳寺の巨大磨崖仏
多目的ガレージ カーロマン2

下仁田町

中之嶽神社 日本一大きい大黒様
神津牧場
茂木ドライブイン
きのこ館
くるまやの「しもにた丼」
下仁田の炭酸カルシウム乾燥小屋
下仁田ねぎぼうず園
下仁田の百庚申巡り

南牧村

威怒牟畿不動 崖っぷちの不動様
南牧村の炭ラーメン
南牧村のお炭つきまんじゅう
南牧村の炭入りピザ
南牧村の石垣文化
黒滝山不動寺
南牧村熊倉の人面石
高原運動広場
焼きまんじゅう南牧
秘境の本格ハーブティー はなもも

上野村

旧黒澤家住宅
峠のうどん屋 藤屋

神流町

御荷鉾のエクスカリバー
恐竜王国中里

藤岡市

名無村

伊勢崎市

小泉稲荷神社
伊勢崎もんじゃ サッちゃんち
群馬一標高が低い山 権現山
新伊勢崎名物 いかパン
自販機食堂

太田市

祥寿山曹源寺(さざえ堂)
藪塚石切り場
ジャパンスネークセンター
三日月村
縁切寺満徳寺
岩崎屋の黒焼きそば
金山城
ガチの駄菓子屋 おかしやさん
もみの木の焼そば丼
新太田名物!かわとみの「なすの蒲焼重」

桐生市

ふる川のひもかわ
河童神社
成田山赤城寺
桐生名物コロリンシュウマイ
麺者侍のニンニクラーメン

みどり市

けさかけ橋
花輪の美味しいうどんの自販機
特許変わりうどん かみ村六庵
にほんいち醤油 岡直三郎商店
藤瀧不動尊のヒトガタ
貧乏神追放神社
ながめ余興場
自音寺八十八霊場でミニお遍路
円空茶屋の巨大円空彫薬師如来像

大泉町

ブラジルタウン大泉町
浅見薬店
活きな世界のグルメ横丁
ブラジルタウン大泉町2
肉地獄!プリマヴェーラのシュラスコ食べ放題

邑楽町

シンボルタワー未来MiRAi

千代田町

赤岩の渡し

館林市

分福茶釜の茂林寺
日清製粉 製粉ミュージアム
大盛りうどんとおもちゃの一升や
子神社 足腰の神社

板倉町

板倉町中央公民館の昆虫千手観音像
板倉町の雷電神社
いなかっぺのマヨネーズラーメン

コラム

毛無峠キャンプ 小串の夜明け
万座温泉豊国館 湯治の旅
石畳の小さな温泉街 湯宿温泉